なぜ恐怖症になるのか?

恐怖症になるとどうなる?

精神疾患の中では最も発症頻度が高いとされるのが恐怖症ですが、その原因や症状を解説します。

 

恐怖症とお伝えしていますがその対象となるものは様々で、自然現象である火や水が怖いといったものから、動物や物体、その場の状況などでも恐怖を覚えてしまうことを指します。
症状としては恐怖の対象となるものに接したり、そういう状況に陥ってしまった時に強い不安や恐怖を感じてしまうのが代表的です。
症状がひどくなると、パニックを起こしてしまうケースもあります。
また、恐怖の対象と遭遇することを想像するだけでも不安や恐怖を感じてしまい、結果的に家の外に出ることができなくなる場合もあるほどです。
一般的に恐怖症を起こしてしまう原因とされるのが、いわゆる精神的外傷であるトラウマに起因します。
幼少期にやけどをしたことで火が強くなるなどが代表的なのですが、他にも心の葛藤から恐怖を覚えてしまうこともあるそうです。
体質的に恐怖症を発症してしまうケースもあり、原因も一概に特定できない難しさがあります。

 

恐怖症とはなにかしらの事象に対して恐怖を覚えてしまう症状を指しており、その原因についてもはっきりとわかっていません。
ひどくなると恐怖を覚えるだけではなく、家から出ることができなくなるなど多様な症状を発症してしまいます。