なぜパニック障害になるのか?

パニック障害の原因について

パニック障害は、気のせいではと思っている人も追いのですが、
突然の激しい動悸や息苦しさの症状出てくる病気です。
また、パニック障害は恐怖症とも関連性があります。

 

しかし、パニック障害の原因がはっきりと分っているわけではありません。
パニック発作が出て、10分から1時間程度で収まって来るのですが、
救急車で搬送される人も珍しくはありません。
原因の一つとして、セロトニンと呼ばれる脳内の伝達物質のバランスが崩れる為に起きてくると考えられています。
セロトニンは、興奮を抑える伝達物質です。
さらに恐怖や不安に関係しているとされているノルアドレナリンもバランスが崩れる事も分かってきています。
これによって脳内の神経伝に異常が出てしまい、パニック障害が起きると考えられていますが、
まだ全ての事が分っている訳ではありません。
パニック障害起きると心臓に痛みを感じる事や激しい動悸に襲われますので、
心臓の病気ではと思う人もいますので、10分から1時間程度で収まる場合は、
パニック障害の疑いも考えながら医療機関に相談すると良いでしょう。
心臓に関することだけを調べるのではなく、精神科や心療内科にも相談して、
治療を検討していく事も大切になってきます。
精神科や心療内科は行きにくい人もいますが、総合的に診断して行く事で治療方針も決まって行く事でしょう。

 

パニック障害は、セロトニンを増加させる治療を行なうと改善がすることが分かっています。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬を利用して治す事が多いのですが、即効性がありません。2週間から3週間程度かかりますので注意しましょう。