パニック障害の治療薬

パニック障害の薬について

パニック障害には、薬を利用しながら治して行く事が多いです。
セロトニンと呼ばれる脳内伝達物質が正常に働かない事で
パニック障害が起きてくると考えられています。
セロトニンを投与するとパニック障害の症状が緩和する事からそのように考えられています。
しかしながらパニック障害がどのようにして起きてくるのかは、まだ全てが分っている訳ではありません。

 

治療を受けていくには、精神科や心療内科を受診して、
医師の元で処方された薬を使っていく事が大切になってきます。

 

パニック障害の治療にはセロトニンの分泌を正常な状態にさせる薬を利用することが多いです。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬を利用して治す事が多いのですが、
即効性がありません。
2週間から3週間程度かかりますので注意しましょう。
副作用がないわけではありません。吐き気や眠気が出てきますが、
抗不安薬よりも副作用が少ないのが特徴になります。

 

抗不安薬のベンゾジアゼピン系も使われますが、SSRIよりも副作用が強いです。
さらに依存や習慣化してしまう可能性が否定出来ません。
依存性などが出てきたら、医師に早く相談しましょう。
SSRIが出てくるまでは多く使われていたパニック障害対策の薬です。

 

他にも三環系抗うつ薬もつかわれますが、便秘や眠気、さらに喉の渇きなど副作用が強いので、
SSRIや抗不安薬などの治療薬の効き目が無い時などに使われるそうです。

 

これらの薬は、使用量や用法を守って使っていく事が大切になってきます。
飲み忘れたから2倍飲むと言うような使用方法は避けるべきですし、副作用が強く出る可能性が大きいので辞めましょう。